2019年11月09日

進路について。進路について。 現在、高3です

進路について。進路について。 現在、高3です。



高校卒業後は、コンピュータ関係の仕事に携わりたいので



情報系の専門学校に進もうと考えています。





その中で、



・パソコンの修理などをしてみたいと考えているのですが、そのためには



どのような資格を修得した方がいいのでしょうか?





また、パソコンの修理となると



ハードウェアの知識も必要になってくると思うのですが、



その場合、情報系の専門学校でいいのでしょうか?





・カスタマエンジニア と フィールドエンジニア



の違いは何でしょうか?





ネットワークエンジニアやSEなどについては



毎日どのような業務をこなしているのか、イメージがわきません。





システムの開発や、メンテナンスというイメージもわきません。



というより、IT業界そのものがあまりよくわかっていません。





興味を持っている程度で、親に負担までかけて進学して良いものか



とも思います。



できる限り、バイトや奨学金など自分でやっていくつもりですが・・・。





IT関係の仕事、進学などについて、



どのようなことでも良いので、アドバイスを頂きたいです。



PC関係、IT関係の仕事に就こうと思うならば、まず「ITパスポート」という国家資格を取得してしまいましょう。

年2回の受験チャンスがあります。

次の試験は10月で、申し込みは7〜8月頃になろうかと思われます。

・ITパスポートの基礎テキスト(2,000円前後)

・ITパスポートの過去問題集(2,000円程度)

…で勉強すれば受かりますから(13歳の女の子や、80歳過ぎのお爺ちゃんも合格しています)。





この資格がなければ何かが出来ないとか、そういうモノではありませんが、あなたのPCやITに関しての知識やスキルを証明する手段になります。



IT系の資格は様々ありますが、このITパスポートが最低ランクの一番カンタンなものです。

旧名は「初級シスアド」と言っていましたが、初級シスアドよりも内容は随分簡単になっていますので。





ハードウェアの知識については、情報系の専門学校じゃ突っ込んだ所までは教えないでしょうね。

また、知識と実地とのギャップがあるのもこの分野なので、自作PCに関する本なんかを読んで、自分で実践して覚えるのが一番ではないかと思います。



情報系の専門学校は、むしろ「ITをどう活用するか」とか「専門的なプログラミング知識」とか、そういった方面になるでしょうから。





カスタマーエンジニアは、要するに「ハードウェア機器の設置・撤去、通信ケーブル敷設・撤去、保守点検・修理を行なう人」。

内訳としては、社内でその業務を行なう「社内SE」と、外部へ赴いて業務を行なう「フィールドエンジニア」に分かれる、という感じでしょうか。



社内SEの場合は、当然ハード関係だけじゃなく、ソフト関係にも強くなければなりませんね。

ハードの設置や敷設なんてのだけ出来ても、そこら辺はアウトソーシングに任せて外部から「フィールドエンジニア」に来て貰っても済む話なので。

このため、ハードを入れる時の基礎設計をすることと、ハードが入った後にシステムを立ちあげて管理していくことが主な仕事になるでしょう。





プログラム専門の会社でいうSEと、上記した社内SEとでは、役割も専門知識の方面も全然違います。

プログラム専門の会社でいうSEならば、基本的にプログラムのコーディングが出来ること、プログラムだけじゃなくシステム全体の設計が出来ること、顧客との打合せでどういうプログラムを用いてどういうシステムを組めばいいか即座に青図面が描ける人、それらにかかる費用を計算して見積りが作れることと、それぞれの進捗管理も出来る事…という感じになっていくでしょう。



ネットワークエンジニアは、通信関係に特化したSE。

ハード知識は勿論、通信プロトコルに強く、ソフトウェアの範疇もいじれなくてはなりません。





先日、プログラム専門で会社を大きくしてきたシステム開発会社の社長さんにお会いする機会があり、少しお話をしてみたところ、今は開発だけじゃ会社を維持できないんだそうです。

海外の企業(今は東南アジアやインドが急成長中)の低コストな開発力には勝てない、との事でした。

このため、保守・点検・修理というサービス関係の仕事の割合を増やし、そういった方面を今後は伸ばしていかなくてはならず、ただ画面に向かってプログラミングだけ出来ていれば良かった人材を、どう活用していくのかが悩みである、という事でした。





このため、これからIT業界を目指そうとされるならば、どういった方向に進みたいのかを何となく描けるように、IT知識の初歩の初歩を理解してしまうべきだ、と思ったワケです(それがITパスポート)。

また、社長さんの話にもあるように、ハードウェアの知識、ソフトウェアの知識だけに特化していても企業としては困ることが解ります。

このため、ヒューマンスキル(対人スキル…コミュニケーション能力)も高めていなくてはなりませんね。



専門学校に行かれるにしても、大学に行かれるにしても、ヒューマンスキルまで鍛えるような人生設計をして行きましょう。

高校生ならばこれから充分に可能性が広がるのですから。





進みたい方向性が決まれば、専門学校をどういう方向にすべきか、いやむしろ工業大学へ行く方がいいのか、なども見えてくるでしょう。詳しく有り難うございました^^;

posted by 百貨店スタッフブログ at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: